クリニック

歯科でオフィスホワイトニングを受けよう!|ちらりと見える白い歯へ

歯を補う方法について

クリニック

虫歯は歯のエナメル質を蝕みます。エナメル質を蝕み続けて、その結果神経が駄目になってしまうことがあります。虫歯によって神経が駄目になってしまった場合は、虫歯の部位を取り除いてその場所に土台を作り、そして被せ物を取り付けます。つまり抜歯をしないで済む可能性もあるのです。しかし虫歯がC4と呼ばれる状態、歯が虫歯によってほとんど蝕まれてしまった場合は抜歯を行なう必要性が出てきます。抜歯は、自分で行なわずに調布などの歯医者でしっかりと抜いてもらうことが大切です。

調布などで抜歯をしてもらった後には、その抜いてもらった部位をどうするか決める必要があります。そのままにしても良いですし、何かしらの治療で歯を補うのも良いでしょう。多くの場合は、治療をしてもらって歯を補うという人が多いと言われています。歯を補う治療を受ける為には、調布などの歯医者でインプラント施術を受けると良いでしょう。インプラントの他にも入れ歯治療がありますが、失ってしまった歯が一本の場合はインプラントを受ける人が多いとされています。調布などの歯医者で受けられるインプラント治療の特徴は、歯を失った部位に人工の歯を取り付けるという点です。人工の歯は、インプラントとも呼ばれています。インプラントは歯科材料のことです。インプラントを取り付けることによって、歯のある日常を取り戻すことが可能なのです。虫歯などによって、歯を失った人は一度歯医者のインプラント治療を受けてみてはいかがでしょう。